VFX・日々のニュースメモ


by imbored

エビの一切れが原因で男性死亡?

エビを飛ばしたベニハナのシェフが訴えられる

カーアクション映画ワイルド・スピードシリーズでお馴染みの女優・デヴォン青木の父・ロッキー青木が創業者なレストラン「ベニハナ」のシェフが訴えられました。




このベニハナはアメリカで人気のエンターテイメント有りな鉄板焼きレストラン。
注文した物を目の前でパフォーマンスを織り交ぜながら調理してくれる目でも楽しめる店です。
できたての料理を鉄板から皿に飛ばして乗せてくれたりするわけですが、今回それが仇になってしまったみたい。

被害者の男性は家族と共に息子の誕生日のお祝いでベニハナにディナーに来ていました。
パフォーマンスが始まり、シェフはいつも通りに被害者の息子の皿に出来たての料理を飛ばし始めたんですが
被害者は危ないと思ったのか止めるよう言ったそうです。
しかしシェフはパフォーマンスが仕事なので笑みを返してそのまま続行。
悲劇はこの後起きました、被害者の料理が完成してシェフが被害者の方に
一口サイズに切ったエビを飛ばした瞬間
それを避けようとして被害者が頸椎を痛めてしまいました。

被害者は二度の手術を受けたのですが、二度目の手術の五ヶ月後、残念ながら帰らぬ人となってしまいました。
死因は血液媒介感染症。首を痛めたのが直接の死因では無い様ですが、
彼の家族は、そもそもシェフがエビを飛ばすのを止めていればこんな悲劇は起こらなかったと
ベニハナを訴えたのです。
なんとその額10億円。
もちろんベニハナは手術の失敗が原因だと主張。
裁判の行方が気になります。

パフォーマンス要らないならベニハナに行くなよって気が…
[PR]
by imbored | 2004-11-25 06:36 | blog風味