VFX・日々のニュースメモ


by imbored

FBIがインターネット監視システム「Carnivore」の使用を停止。

インターネットの全てのトラフィックを監視できるといわれているFBIのシステム「Carnivore」(現在名:DCS-1000)が今後は使用されないことに。



プライバシー侵害でも問題になった「Carnivore」(現在名:DCS-1000)。
使用されなくなったとはいえ、監視される心配が無くなったと言えばそうではなく、これからは市販の監視ソフトが使われるみたいです。

論議を醸し出したCarnivoreがどれくらい使われる機会が有ったのかというと。
2002年~2003年の間に八回インターネット上で盗聴が行われましたが、なんとCarnivoreは一度も使われていません。
その全然使われていないの開発に政府は6億~15億円かけたと言われています。

現在、より使い勝手の良い物が安く手に入るというのがその理由だそうで。
時代の流れをひしひしと感じますね…

元記事:FBI has stopped using Carnivore to snoop into computers
関連:安全装置のないFBIの傍受システム「Carnivore」
[PR]
by imbored | 2005-01-20 03:01 | blog風味